2013年7月に換装したロードのMICHELIN PRO4 Service Course、日曜に7気圧空気を入れたところ二日後の火曜日にバンと音を立てて後輪がバースト。 3年の単身赴任生活中はロードは放置状態のため距離は乗っていなかったのですが5年間でタイヤのゴムが劣化(加水分解)したようです。 走行中でなくて幸いでした。
  IMG_20180620_204727.jpg

IMG_20180621_191915.jpg 

土曜日のGIRO練習会に間に合わせるために急遽タイヤとチューブをゲット。
念のためバーストしていない前輪も交換するためタイヤはMICHELIN PRO3 Raceを2本。ケブラービードなので折り畳んだ状態で届きます。

IMG_20180621_191944.jpg 

チューブは悩んでも仕方ないので定番のパナレーサー。

IMG_20180621_193704.jpg 

古いタイヤをタイヤレバーを使って外します。

IMG_20180621_194536.jpg 

タイヤゴムがかなり劣化していてリムにゴムがこびり付いています。
ちなみのFRUCRUMはリムにニップル穴が無いのでリムテープは不要。

IMG_20180621_192455.jpg 

ゴム落としにはエタノールが有効。

IMG_20180621_195733.jpg 

エタノールをウェスに染み込ませゴシゴシこするとすぐにきれいになりました。

IMG_20180621_202245.jpg 

後はパンク修理の要領でチューブとタイヤを嵌めてやれば完了。
ケブラービードなのでそれほど苦戦しませんでしたが久しぶりなので2本で1時間かかりましたwww

さて、慌ててタイヤを換装しましたが土日は結局雨で自転車には乗れませんでした(;_;)
BD-1のタイヤもロード以上に長く使っているので換えないと危ないかな?

■リンク
ミシュラン プロ3レース 700×23C(Amazon)

2018.06.24 | 14.トラブル | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bicycleman.blog.fc2.com/tb.php/562-876c4748